Playismについて

たくさんのコメントありがとう海外の人よ。
さてさて。今日は配信サイトであるPlayismについて話しておこうかと思う。

「なんでSteamじゃないんだ!」という人も多いでしょう。しかしSteamもなかなか敷居が高いのだよ。
まず英語で対応することになるだけでも大変だ。英語でのやり取りで苦戦してリリースが遅れるということはしたくなかったのだ。

Playismを選んだ理由は、日本のインディーズゲームの状況も理由の一つである。
日本では海外ほどダウンロード販売が定着していない。海外でのインディーズゲーム開発者の成功のニュースを聞くが、日本では売れる本数に限界があるのだ。日本でインディーズゲーム販売を成功させるには、海外でのリリースが絶対条件と言ってもいいと思う。

しかし日本人は英語が苦手だ。ゲーム内メッセージの翻訳も大変だし、なにより海外の会社とやり取りをするのも英語になるし、契約などの難しい話を英語で行うのはとても大変だ。
Playismはゲームの翻訳仕事を行っており、ネイティブスピーカーの社員も多い。
とにかく我々はゲームを作っていたいのだ。よい作品を作るためにも翻訳や契約なんかは誰かに任せてゲーム作りに没頭したいのだ。
日本のインディーズゲーム開発者が作品をPlayismに預けさえすれば、海外でのリリースも展開もまかせられるというのが素晴らしい。つまり我々はゲーム作りに没頭できる。
そしてなにより、Playismの理念が「日本のインディーズゲームを盛り上げたい」というもので、我々の理念とも一致するのだ。
うまくすればPlayismからSteam他に交渉したり、ひょっとするとコンシュマーへの移植の話もあるかもしれない。しらんけど。

いずれ他のプラットフォームでも配信することはあると思うが、我々は今後もまずはPlayismで提供したいと思う。
「日本のゲームはクソだね。」と言われて黙っている日本人ばかりではないぞ。
日本のインディーズゲームを探したければPlayismでと言えるように、我々も次の作品を提供するべく頑張ります。

ついでに、日本でWiiWare用に作っていたPV3本を英訳して公開しました。
せっかくなので課長まみれになっているニコ動のほうにも改めてPC版の宣伝ってことで新規投稿しといた。
祭じゃ祭じゃ。


Speak Your Mind

*

CAPTCHA